コンテンツ編集ポリシー

CASE SEARCH for コンサルの
コンテンツ編集ポリシー
  1. ユーザーの課題や悩みを解決する「ユーザーファースト」の記事を作成
  2. 専門性・信頼性の高い「高品質」な記事を作成
  3. 人間と生成AIの強みを生かした「独自性のある」記事制作

CASE SEARCH for コンサルは、現役コンサルタントの方に業務やキャリアにおける悩みをカスタマージャーニーに基づいて網羅的に洗い出し、それらの悩みを解決するコンテンツを提供します。

徹底的にサイトユーザー視点に立ち、記事の構成や内部リンクの設置、図解の掲載などにこだわった「見つけやすい・分かりやすい・ネクストアクションが分かる」記事を作成することを重視しています。

CASE SEARCH for コンサルでは、コンサルティングファーム出身・フリーコンサル経験者であるライターが、徹底的な調査やヒアリングのもと、専門性の高い記事を作成しています。

加えて、公的機関の情報を情報ソースとして活用し、情報の信頼性を担保しています。

情報ソース(行政機関・独立行政法人)

CASE SEARCH for コンサルでは、実体験や経験者へのヒアリングをもとに、独自性のある記事制作に取り組んでいます。一方で、ライターの作成した記事の「読みやすさ」や「読者にとって有益な他の観点」などを確認するために生成AIを活用することもあります。サイトユーザーにとって有益なコンテンツの作成を最優先し、人間と生成AIの強みを生かした記事制作プロセスを志向しています。