アナリストはフリーコンサルへの挑戦はまだ難しい?案件の実態をもとに解説

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。

コンサルティングファームで働くアナリスト職の方の中には、最近注目を集めているフリーランスコンサルタントとしての働き方に興味を持っている方もいるでしょう。

本記事では、コンサルティングファームで一番下のランクである「アナリスト」の方が、フリーランスコンサルタントとして独立することの可能性について、案件の実態をもとに解説していきます。

目次

コンサルファームのアナリストは、
まだフリーランスコンサルタントとして独立しない方がよい

コンサルティングファームで働くアナリスト職の方は、フリーランスコンサルタントとして独立しても案件獲得が難しく、収入を得られなくなるリスクがあるため、基本的にはまだ独立を控えるべきでしょう。

フリーコンサル向けの案件では、調査や資料作成などのデリバリー実務を担当するメンバー層の募集は多数ある一方で、多くの案件でコンサルティングファームでの2-3年以上の経験を必須要件としています。

会社の看板を持たないフリーコンサルは、クライアントや案件仲介エージェントからすると、デリバリー品質の予測が難しく、アサインに不安を感じやすいものです。特に、コンサルティングファームで最も下位のランクであるアナリスト職の方については、コアとなるコンサルティングスキルがまだ十分に身についていないのではないかという疑問や不安を抱かれやすいでしょう。

さらに、実際に案件が始まると、フリーコンサルには自ら主体的に業務を設計し、進めていくことが求められます。アナリスト職の方は、コンサルタントとしての経験が浅いため、自身で業務設計を行うことが困難なケースもあり得ます。そのような状態で案件に参画してしまうと、かえって自身が厳しい立場に立たされる可能性もあります。

少なくとも2~3年以上はファームで経験を積み、
昇進をしてからフリーコンサルに挑戦すべき

アナリスト職の方がフリーコンサルに興味を持っている場合でも、少なくとも2~3年はコンサルティングファームで経験を積むことをおすすめします。可能であれば、コンサルタントやシニアコンサルタントへの昇進を果たしてから、フリーコンサルとしての独立を検討するのが賢明でしょう。

コンサルティングファームでは人材育成が必要なため、経験豊富で優秀な上司がコンサルティング業務の進め方や仕事への向き合い方など、様々な学びを日々提供してくれます。もしあなたがアナリスト職で、まだ入社して日が浅いのであれば、学ぶべきことは数多く残されているはずです。

一方、フリーコンサルとして独立すると、あなたの仕事をレビューし、指導してくれる存在は基本的にいなくなります。だからこそ、コンサルティングファームで十分な経験を積み、必要なスキルと自信を身につけてから、フリーコンサルへの挑戦を検討しましょう。

どうしても個人で活動したい場合は、副業を検討する

アナリスト職の方の中には、早い段階から個人として活動したいという強い意欲を持つ方もいるかもしれません。そのような場合は、副業としてコンサルタントの仕事を検討してみるのも一つの選択肢です。近年は、土日のみの稼働で参画できるコンサルタント向けの案件も増えてきています。所属する会社の就業規則を確認し、副業が許可されているようであれば、副業を通じて個人としてのスキルや実績を磨く機会を持つことも有効でしょう。

副業に興味がある方は、こちらの記事を参考にしてください。

目次