公共・官公庁領域のフリーランスコンサルタントを徹底解説|将来性やおすすめのエージェント

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。
官公庁領域のフリーランスコンサルタント

コンサルティング業界において、「公共・官公庁」セクターは収益規模の大きな分野の1つであり、多くのコンサルタントが官公庁や地方自治体をクライアントとして活躍しています。

特に近年では、デジタル庁の発足やガバメントクラウドの推進など、「公共・官公庁」領域におけるデジタル化が加速しており、コンサルティングファームもこれらのプロジェクトを積極的に支援しています。パブリックセクターチームで活躍するコンサルタントは、委託調査やシステム導入支援などを通じて、大きなやりがいと国家への貢献を感じながら仕事に取り組んでいます。

一方で、公共・官公庁領域を専門とするコンサルタントの中には、「フリーランスコンサルタント」としての働き方に興味を持つ人も増えています。しかし、「フリーランスでは民間企業向けの案件が中心ではないか」「実績や信頼性が重要な官公庁案件においてフリーランスは難しいのではないか」といった疑問を持つ人も多いでしょう。

本記事では、公共・官公庁領域を専門とするフリーコンサルの方向けに、「公共・官公庁案件におけるフリーコンサルの働き方」「必要なスキルや経験」「公共・官公庁専門のフリーコンサルの将来性」「おすすめの案件紹介サービス」などを詳しく解説します。

\ 本記事で分かること /
  1. 官公庁・自治体領域のフリーコンサルの働き方将来性案件の特徴が分かる
  2. 官公庁・自治体領域のフリーコンサルが登録すべき案件紹介サービスが分かる
  3. 官公庁・自治体領域のフリーコンサルに必要な知見・スキルが分かる

フリーランスコンサルタント完全ガイド

フリーランスのコンサルタントとして独立・成功するために知っておくべきことを網羅。フリーコンサルの始め方・開業から案件獲得までの流れ・エージェントの選び方などを知りたい方は、【完全ガイド】フリーコンサルの始め方や案件獲得のポイントを徹底解説も合わせてご覧ください。

おすすめの案件仲介・マッチングサービス

国内51のフリーコンサル向けの案件仲介・マッチングサービスを徹底紹介。自身に合ったサービスを探している方は【戦略・業務/IT/SAP/人事】フリーコンサル向けの案件仲介・マッチングサービスのおすすめを厳選も合わせてご覧ください。

目次

官公庁領域に強みを持つコンサルタントはフリーランスになれるのか?

官公庁案件を専門とするコンサルタントはフリーランスになれるか

結論から申し上げると、公共・官公庁領域に強みを持つコンサルタントの方は、フリーランスのコンサルタントとして十分に活躍することが可能です。

実際に、フリーランスコンサルタント向けの案件紹介サービスを見てみると、公共・官公庁案件の人員募集が数多く掲載されています。特に、官公庁向けのIT・システム調達プロジェクトにおいて、ベンダー側のメンバーとしてプロジェクトを支援する案件では、多くのフリーコンサルタントが求められています。

公共・官公庁案件におけるフリーコンサルの働き方

公共・官公庁案件におけるフリーコンサルの働き方

フリーランスのコンサルタントには、「エンドクライアント直下型」と「コンサル直下型(サブコン型)」の2種類の働き方がありますが、公共・官公庁案件においては、基本的にコンサルティングファームのメンバーの一員としてプロジェクトに参画する「コンサル直下型(サブコン型)」が中心となっています。

「コンサル直下型(サブコン型)」では、元請けのコンサルティング会社のメンバーと一緒にプロジェクトを推進していくことになるため、プロジェクトでの動き方はコンサルティングファーム時代と大きく変わりません。

フリーランスコンサルタントの働き方

官公庁領域に強みを持つコンサルタントがフリーランスになるメリット

公共・官公庁領域でフリーコンサルのメリット

年収が上がる可能性がある

フリーランスのコンサルタントの平均月額報酬単価は、100~150万円程度と言われています。そのため、1年間を通じて安定的に案件に参画できれば、年収は1,200万円~1,500万円に達する可能性があります。

特にメンバーランクの方であれば、フリーランスになることで年収が上がる可能性が高いでしょう。また、マネージャー以上の方も、現在の年収水準を維持できる可能性が十分にあります。

柔軟な働き方が可能になる

フリーランスになることで、年収が上がる可能性があるだけでなく、柔軟な働き方も実現できます。フリーランスのコンサルタントは、自身の希望する稼働率や勤務形態を選択することができます。そのため、自分に合った条件の案件に参画することで、ワークライフバランスの調整がしやすくなるでしょう。

デリバリーに集中できる

コンサルティングファームに所属していると、デリバリー業務以外にも、営業活動や社内業務などに時間を割かれることがあります。しかし、フリーランスになることで、これらの業務から解放され、デリバリーに集中することができます。

官公庁専門のフリーコンサルに必要なスキルや経験

公共・官公庁案件におけるフリーコンサルに必要なスキルや経験

官公庁向けに報告書や調査レポートを納品した経験

官公庁向けの案件では、報告書や調査レポートの提出方法や文章の表現方法に独特の特徴があります。例えば、Wordファイルでの提出が求められたり、官公庁特有の言い回しを使用する必要があったりします。

そのため、官公庁案件に参画し、納品物の作成を直接担当した経験があることは大きなアドバンテージになります。官公庁の要求事項を理解し、それに合わせて納品物を作成できる能力は、官公庁専門のフリーコンサルにとって重要なスキルの1つと言えるでしょう。

専門性・スキル

官公庁案件の経験に加えて、特定の専門分野におけるスキルを持っていることも重要です。例えば、システム要件定義・開発PMOやセキュリティ、スマートシティなどの領域で専門性を持っていると、案件獲得の機会が広がります。

「官公庁×業務デジタル化」のように、官公庁の特性と専門分野を掛け合わせて自身の強みをアピールできると、クライアントからの評価が高まるでしょう。官公庁のニーズを深く理解し、それに応えられる専門性を持つことが、官公庁専門のフリーコンサルには求められます。

コンサルティングスキル

当然、コンサルタントとしての基本的なスキルは必要不可欠です。論理的思考力や仮説思考力、論点を整理する力、プレゼンテーション能力、資料作成能力、プロジェクトマネジメント能力などは、どのようなプロジェクトでも活かすことができるコアコンサルスキルです。

これらのスキルを駆使して、クライアントの問題解決に貢献することが求められます。官公庁の意思決定プロセスや組織文化を理解した上で、コンサルティングスキルを発揮できるかどうかが、官公庁領域のフリーコンサルにとって非常に重要です。

官公庁専門のフリーコンサルの将来性

公共・官公庁案件におけるフリーコンサルの将来性

自治体のDX投資額は他業界よりも拡大していく見込み

富士経済グループのプレスリリース第22025号「デジタルトランスフォーメーションの国内市場(投資金額)を調査」によると、自治体におけるDX投資額は、2020年度の409億円から2030年度には4,900億円まで拡大すると予測されています。この成長率は他業界と比較しても最も高く、自治体のDX投資が急速に拡大していくことが見込まれています。

国内DX市場規模

DX投資額の拡大に伴い、自治体では業務デジタル化やシステム基盤の刷新に関する案件が数多く立ち上がることが予想されます。これは、官公庁領域を専門とするフリーランスコンサルタントにとって、大きなチャンスと言えるでしょう。

官公庁専門のフリーコンサルの案件例

公共・官公庁案件におけるフリーコンサルの案件例

\クリックして各テーマの案件例を確認!/

システム調達支援

システム調達支援|案件例
テーマ某省庁向け情報システムの調達支援
単価~160万円/月
案件内容情報システムの調達及び執行段階のレビュー・助言・支援
調達仕様書・要求仕様書の作成支援
ベンダー選定支援

業務設計支援

業務設計支援|案件例
テーマ業務設計と業務フロー作成業務
単価~120万円/月
案件内容官公庁向けITシステムの業務設計と業務フローの作成業務
関係者へのヒアリング
業務フロー作成

システム開発・刷新

システム開発・刷新|案件例
テーマ官公庁向け大規模システム刷新のITインフラ領域PMO
単価~128万円/月
案件内容官公庁向けITインフラ領域の大規模システム刷新PJでのPMO支援
ベンダー側のPMOとして各種管理業務を推進
クラウド/基盤周りの技術に関する助言/インフラ領域での技術的なアシスト

情報セキュリティ

情報セキュリティ|案件例
テーマ情報セキュリティポリシーガイドラインの課題抽出検討・対策立案支援
単価~120万円/月
案件内容認証基盤およびメールシステム導入におけるセキュリティ面の検討
地方公共団体の情報セキュリティポリシーに基づいて導入の課題を検討
対策立案、予算化支援

教育DX

教育DX|案件例
テーマ地方自治体の教育DX推進PJT
単価~145万円/月
案件内容地方自治体向けの教育DXPJをメンバーとして推進
学内・組織内NW等のアーキテクチャのリサーチ
クライアント(ユーザー)向け資料作成、会議体ファシリテーション

スマートシティ

スマートシティ|案件例
テーマスマートシティ領域における地域活性アプリ企画支援及び実行支援
単価~110万円/月
案件内容アプリ/サービスを理解した上での実証実験計画
定期的なレポーティング(数値集約/示唆/課題/対策)
実証実験後のユーザーアンケート作成/回収/分析

おすすめの案件紹介サービス

公共・官公庁領域のフリーコンサルにおすすめの案件紹介サービス

フリーランスの官公庁・自治体コンサルに
おすすめの案件紹介サービス3選!

迷ったらこの3つに登録でOK!

業界大手!公共・官公庁案件が豊富!/

大手コンサル運営!様々な官公庁案件を紹介!/

\ 戦略系の公共・官公庁案件はこちら!

High Performer Consultant

High Performer Consultant
サービス名:
運営会社:INTLOOP株式会社
サービスの特徴
  • フリーランスコンサルタント向けの案件紹介を20年行なっているINTLOOP社が提供する案件仲介サービス
  • PMO案件が全体の60%を占めており、テクノロジー・システム領域のPM/PMO経験者に適した案件が多い
  • 業界最速水準の月末締翌月15日払いの支払いサイト

業界大手公共・官公庁案件が豊富!/

アビリティクラウド

アビリティクラウド
サービス名:
運営会社:イグニション・ポイント フォース株式会社
サービスの特徴
  • 2014年創業のコンサルティングおよびスタートアップ投資事業を行うイグニション・ポイント(2022年に電通グループに参画)の子会社が運営するフリーランスコンサルタント向けの
    案件仲介サービス。
  • イグニション・ポイントの顧客ネットワークを活用し、150~200万円前後の高単価な
    プライム案件を多数保有

\大手コンサル運営!様々な公共・官公庁案件を紹介!/

Strategy Consultant Bank

Strategy Consultant Bank
サービス名:
運営会社:株式会社Groovement
サービスの特徴
  • 独自ルートで仕入れた上流案件が豊富であり、戦略ファーム出身者や総合コンサルファームで
    ビジネスサイドの案件に従事していたコンサルタントに適した案件が多数揃う。
  • 大手コンサルティングファーム出身者が仲介エージェントとして案件を紹介・サポートするため、
    コンサルタントの得意領域を的確に理解し、紹介案件とのマッチング精度が高い。
  • 登録者への案件紹介は、メールなどによる一括配信ではなく、
    担当エージェントが個々のコンサルタントに合った案件を厳選して提供

\ 戦略系の公共・官公庁案件はこちら!/

目次