フリーランスコンサルタントの次のキャリアは?将来性はある?ポストフリーコンサルの転職や起業の実態を解説

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。

近年、フリーランスコンサルタントという働き方が注目を集め、大手コンサルティングファームから独立するコンサルタントが増加傾向にあります。

フリーランスコンサルタントとして活躍している方や、この働き方に興味を持っている方の中には、「フリーコンサル卒業後のキャリアはどうなるのか?」という疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

特に、フリーランスコンサルタントとして独立したものの、長期的にこの働き方を続けるつもりがない方にとっては、フリーコンサル後の次なるキャリアステップとして、どのような選択肢があるのかを知ることは重要です。

本記事では、ポストフリーコンサルにおける転職や起業の実態について解説します。フリーランスコンサルタントとしてのキャリアを歩んだ後、どのような道を歩むことができるのか、その将来性についても探っていきます。

目次

フリーコンサルの次のキャリアにはどのような選択肢があるのか?

1. 起業家

フリーコンサルの次のキャリアとして起業家になる方は増えています。そもそもフリーコンサルとして活躍されている方の中には、すでに起業をして自社事業の立ち上げに取り組みながら、運転資金を確保するためにフリーコンサルとして働いているケースもあります。

また、起業を前提に、一定期間専業のフリーコンサルとして働き、十分な起業資金を貯めた後に、フリーコンサルを卒業して起業される方もいます。

一方で、フリーコンサルとしての活動を通じて、特定の業界の課題に気づいたり、志を同じくする仲間と出会ったりしたことをきっかけに起業するケースもあります。フリーコンサルでは、大手ファームではあまり扱わないようなニッチな業界や中小企業の案件に携わる機会もあり、そのような経験が起業のアイデアを生み出すこともあるようです。

実は、フリーコンサル向けの案件紹介サービスについても、もともとフリーコンサルとして活動していた方が、既存のサービスの課題を感じて立ち上げたものが少なくありません。

2. ブティックファーム立ち上げ

フリーコンサルとして活動している中で、提供できるコンサルティングサービスの幅を広げるために、法人化してブティックファームを立ち上げるケースもあります。フリーコンサルとしての活動を通じて、ブティックファームを共同で運営する仲間が見つかることもあるでしょう。

個人としての活動からブティックファームへと規模を拡大することで、提案できるプロジェクトの幅が広がり、より面白い案件や大規模なプロジェクトのデリバリーなども可能となります。

3. コンサルティングファームへの転職・出戻り

フリーコンサルの仕事の中には、コンサルティングファームが受注したプロジェクトにメンバーの一員として参加するケースも少なくありません。このような形で協力関係を築いたブティックファームなどから、入社の誘いがあることもあります。プロジェクトを通じて双方の働き方や文化を事前に知ることができるため、入社後のミスマッチが生じにくく、転職先として選びやすいでしょう。

また、フリーコンサルはクライアントから常に即戦力としての活躍を求められるため、ファーム時代のように未経験の領域に挑戦したり、段階的にポジションを上げたりすることが難しい傾向にあります。そのため、特定の領域やテーマで専門性をさらに高めるために、元々所属していた大手ファームなどに戻る方もいます。

4. スタートアップや大手事業会社への転職

フリーコンサルとしての活動を通じて、特定の業界や事業領域に強い関心を持ち、スタートアップや大手事業会社へと転職するケースもあります。コンサルタントとしてクライアントの支援に携わるだけでなく、自ら事業の中心となってビジネスを推進していきたいと考える方に多い選択肢でしょう。

ただし、スタートアップや大手事業会社への転職では、年収やワークライフバランス(働き方の自由度)が大きく変わるため、その点がネックとなるケースもあります。

5. フリーランスコンサルタントを続ける

フリーランスコンサルタントとして活動を継続していく選択肢も当然あります。例えば、結婚や出産などのライフイベントに伴い、ワークライフバランスを重視するためにフリーコンサルとして独立した方の中には、その後も育児などに関わりながら働き続けたいという想いから、フリーコンサルを続けるケースも多いようです。

フリーコンサルは、フル稼働せずとも高い報酬を得ることができるため、ワークライフバランスを大切にしたい方にとっては理想的な働き方の一つと言えるでしょう。

フリーコンサルは転職において評価されるのか?

企業にとってフリーコンサルとして活躍する人材は魅力的

個人としてプロジェクトの責任を担い、主体的に案件を推進できるフリーコンサルは、転職市場において高く評価される人材だと言えます。年齢や経験・スキルも考慮されますが、フリーコンサルとしての実績を自信を持ってアピールできれば、転職先が見つからないということはあまりないでしょう。

企業にとって、即戦力となる人材を採用することは大きなメリットです。フリーコンサルとしての経験は、自律性や課題解決能力の高さを示す証となります。また、多様なクライアントとの協働を通じて培った幅広いネットワークも、転職先にとって魅力的な資産となるはずです。

転職する可能性も想定し、日頃から自己研鑽する

現在フリーコンサルとして活躍中の方や、将来的にフリーコンサルへの転身を考えている方は、転職の可能性も視野に入れ、日頃からスキルアップに努めることが大切です。

フリーコンサルとしての仕事は、これまでに培ったスキルや知見を活用することが中心となるため、新しいスキルを身につける機会が少ない傾向にあります。そのため、意識的に自己投資を行い、スキルや知識のアップデートを続けておくことが重要です。

フリーコンサルとして活躍した経験は、転職市場においても高く評価されます。しかし、その経験を最大限に活かすためには、常に成長し続ける姿勢が欠かせません。キャリアの選択肢を広げるためにも、自己研鑽を怠らないことが重要です。

目次