【コンサル3年目の転職事情】入社から3年で大半が辞める?

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。
コンサル3年目で転職

コンサルティングファームに入社し、3年目を迎えると、多くの方が一通りの経験を積み、一人前のコンサルタントとして活躍していることでしょう。プロジェクトのデリバリーでは中心的な役割を果たし、クライアントからカウンターパートとして頼られる機会も増え、充実感を感じやすいです。また、人によってはマネージャーへ昇進しプロジェクトの責任を負ったり、シニアコンサルタントとして複数人のアナリストやコンサルタントの仕事を管理しながら現場をリードしたりと、より責任のある仕事につき、達成感も感じていることでしょう。

しかし一方で、3年目という節目を迎え、転職を視野に入れる方も少なくありません。近年、コンサルティングファームの労働環境は以前と比べて改善傾向にあり、離職率は下がってきているものの、それでも同期の3~5割程度が3年目までに退職するのが一般的です。

本記事では、コンサル入社3年目の転職事情について、転職理由3年目での転職の是非転職成功のポイント等について詳しく解説します。

ポストコンサル転職 完全ガイド

ポストコンサルで人気の転職先やよくある失敗、成功のポイントなどポストコンサル転職について網羅的に知りたい方は、【ポストコンサル転職完全ガイド】コンサルからの転職先やおすすめの転職方法もご覧ください。

目次

コンサル3年目で転職が増える理由

コンサルタントにとって、3年目は大きな転機となる時期です。その理由は主に以下の3つが挙げられます。

コンサル3年目で転職が増える理由
  • 昇進のタイミングが転職を考えるきっかけに
  • 新卒組は、第二新卒採用のラストチャンス
  • 専門性を高めたい、事業会社で活躍したいという思いが芽生える
  • 将来の起業に備えてスタートアップに転職する
  • もとから3年で辞めるつもりだった
  • 他のファームから好条件のオファーをもらった

昇進のタイミングが転職を考えるきっかけに

3年目は、多くのファームでコンサルタントからシニアコンサルタント、シニアコンサルタントからマネージャーへの昇進が行われる時期です。昇進できれば自信にもつながりますが、昇進を逃すと焦りや不安を感じる人もいるでしょう。

昇進の結果に関わらず、このタイミングで自身のキャリアを見つめ直し、いつまでコンサルファームにいるのかを考えるようになるのは自然な流れです。「コンサルファームでのキャリアをどう築いていくか」「他により魅力的な選択肢はないか」といった問いが頭をよぎることもあるかもしれません。

3年目で昇進できた場合は、市場価値も高まり、様々な業界から引く手あまたとなるため、転職先の選択肢も広がります。このチャンスを逃さぬよう、転職エージェントに登録し、将来の転職に備えて動き出すのも賢明な選択と言えるでしょう。優秀なコンサルタントほど、このタイミングを上手に活用することで、理想のキャリアパスを描きやすくなります。

新卒組は、第二新卒採用のラストチャンス

一般的に第二新卒は新卒入社から3年目以内の転職者を指すため、社会人3年目は第二新卒採用のラストチャンスです。第二新卒の中では社会人3年目が経験・スキル的にも最も有利な立場にあり、中途転職よりも難易度が低い状況で転職に成功できる可能性が高いと言えるでしょう。

企業側としても、第二新卒採用ではポテンシャルだけでなく、教育コストの低さも重視する傾向にあります。その点、社会人3年目は第二新卒の中でも特に優位なポジションにいます。即戦力としての活躍が期待できるからです。

近年、多くの企業で第二新卒の採用が積極的に行われています。もし就活時にどうしても入りたかった企業などがあるなら、コンサルファームで成長を遂げた3年目のタイミングで、再度挑戦してみるのも一つの選択肢と言えるでしょう。

専門性を高めたい、事業会社で活躍したいという思いが芽生える

3年もの間、様々な経験を積んでいくうちに、特定の業界や職種に強い関心を抱くようになるのは自然な流れです。その分野の専門性をさらに深めたい、あるいは実際のビジネスの最前線で活躍したいという思いが芽生え始めます。

コンサルティングファームでは、クライアントのニーズに合わせてプロジェクトを設計するため、案件のテーマは毎回異なることが多く、1つの領域に絞って長期的に取り組むことは難しい側面があります。特に、ソリューション(コンピテンシー)で専門性を身につけたいと考えている方にとっては、事業会社で一定期間、戦略立案から実行までのPDCAサイクルを回す経験を積んだ方が、戦略の実効性や成果につながる施策への理解が深まり、ビジネスパーソンとしての専門性を高められる場合もあるでしょう。

また、事業会社で事業オーナーとして、1つの事業に中長期的に取り組みたいと考える方もいるはずです。アドバイザーとしてではなく、事業責任者としての立場で実際の事業と向き合い、成果を上げる経験は、キャリアの可能性をさらに広げていく上で非常に重要な意味を持ちます。

将来の起業に備えてスタートアップに転職する

コンサルティングファームに入社する方の中には、独立志向が強く、将来の起業を見据えている人も少なくありません。起業する際には、自ら事業を立ち上げた経験や、営業・エンジニアなど多様な人材とのネットワークが非常に重要となります。

そのため、将来の起業に備えて、スタートアップへの転職を選択する方は少なくありません。スタートアップでは、少人数のチームで事業の立ち上げから関われる機会が多く、実践的な経験を積むことができます。また、ベンチャー特有のスピード感あふれる環境の中で、様々な職種の人材と密接に働くことで、貴重な人脈を築くこともできるでしょう。

コンサルティングで培った論理的思考力や問題解決力は、スタートアップでも大いに役立つはずです。同時に、アントレプレナーシップあふれるベンチャーの現場で、事業を成功に導くための実践知も身につけられます。

もとから3年で辞めるつもりだった

コンサルティングファームに入社する際、最初から3年で辞めるつもりだった人も少なくありません。そういった人の多くは、3年間という限られた期間で、コンサルタントとしてのスキルを徹底的に磨くことを目標としています。

コンサルティングファームでの3年間は、仕事に全力で取り組み、高度な問題解決力や論理的思考力、プレゼンテーション能力などを身につける期間だと考えています。それらのスキルを十分に習得した上で、次のステップアップに挑戦しようというわけです。

こういった人に共通しているのは、ファーム在籍中から、業務時間以外も自己研鑽に積極的に取り組むなど、スキルアップに対する意識が非常に高いことです。そして、キャリアプランもしっかりと描けているのが特徴です。

他のファームから好条件のオファーをもらった

近年、コンサルティングファームは人材不足の影響もあり、積極的に採用を進めています。しかし、一方でデリバリー品質に問題があり、アサインできないような人材を採用してしまうと、ファーム全体の稼働率を下げてしまうことを恐れています。

そのため、他のコンサルファームで3年ほど在籍し、コンサルタントとしてのスキルや実績を積んでいる人材は、採用対象として非常に魅力的だと考えられています。こうした人材は、即戦力としてプロジェクトに投入でき、ファームの生産性向上に貢献できるからです。

コンサル3年目ともなると、転職エージェントに登録することで、他ファームからワンランクアップや年収アップの好条件オファーを得られる可能性があります。

このような好機を逃さないためにも、3年目のタイミングで転職市場の動向を確認してみるのは賢明な選択と言えるでしょう。自身の市場価値を知ることは、キャリアアップを図る上で非常に重要なことです。

3年目がコンサルの辞めどき?

3年目になると、転職市場でも「コンサルティングファームで実績を積んだ人材」として評価されるようになります。やはり1~2年目で辞めるよりも、3年間ファームで様々な経験を積み、スキルを磨いてきた人材の方が魅力的です。そのため、3年目であれば様々な転職オファーを得られる可能性が高いでしょう。

一方で、コンサルティングの仕事は奥が深く、役職が上がるにつれて役割も変化し、視座も高まっていきます。特にマネージャーやパートナーへの昇進タイミングでは役割が大きく変わり、プロフェッショナルとして大きく成長できると言われています。しかし、たとえワンランクの昇進であっても、視座は確実に高まっていくものです。

例えば、コンサルタントからシニアコンサルタントに昇格すれば、現場の仕事をリードする立場となり、クライアントとの議論・折衝や成果物の品質・納期のコントロール、プロジェクトメンバーのマネジメント、提案活動への関与など、仕事の幅や難易度が変わってきます。そうした経験を通じて、成長を実感するとともに、コンサルタントの仕事の面白さをより深く感じられるようになるでしょう。

だからこそ、コンサルティングファームを離れることを決める際は、「まだコンサルファームでやり残したことはないだろうか?」とよく考えるべきです。とはいえ、将来のキャリアプランから考えて、事業会社への転職や独立に挑戦すべきだと感じたなら、思い切って一歩を踏み出すのも良いかもしれません。

3年目でコンサルティングファームを辞めた後のキャリア

3年目でコンサルティングファームを辞めた後のキャリアは、出身ファームや在籍時の役職、専門性などによって異なりますが、主に以下のようなパターンが多く見られます。

  • スタートアップへの転職
  • VC(ベンチャーキャピタル)への転職
  • PE(プライベートエクイティファンド)への転職
  • 大手事業会社への転職
  • 外資系事業会社への転職
  • 他のコンサルティングファームへの転職

転職を成功させるならエージェントを活用

多忙なコンサルタントが転職を成功させるには、転職エージェントをうまく活用することが重要です。エージェントも営利企業なので、完全に求職者目線とは言えない面もあるでしょう。しかし、コンサルティングファームに在籍するようなハイクラス人材に対しては、非常に丁寧にサポートしてくれることが多いです。

具体的には、転職に向けたスケジューリングやキャリアプランにマッチした求人の紹介、転職市場の動向を踏まえた客観的なアドバイス、職務経歴書や面接対策のサポートなど、転職活動の様々な局面で手厚い支援が期待できます。

特に、本業で多忙を極めるコンサルタントにとって、限られた時間の中で効率的に転職活動を進めることは容易ではありません。だからこそ、エージェントの力を借りて、最適な求人情報を得たり、応募書類の準備や面接対策を進めたりすることが、転職成功のカギを握ると言えるでしょう。エージェントを賢く活用し、効率的かつ戦略的に転職活動を進めることが成功のポイントです。

ポストコンサル転職でおすすめのエージェント

【厳選】ポストコンサル転職に強いエージェント

ヤマトヒューマンキャピタル

ヤマトヒューマンキャピタル
サービス名:
運営会社:ヤマトヒューマンキャピタル株式会社
サービスの特徴
  • M&A、PEファンド、事業再生、ベンチャーキャピタルやコンサルタントなど経営人材やファイナンス専門職に特化した領域での転職支援を実施
  • 経営コンサルやM&A仲介で実際に活躍していたキャリアアドバイザーも在籍し、業界を熟知したキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職支援
  • PEファンドへの転職に強く、PEファンド業界の非公開&未経験OKの求人も紹介

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\PEファンドや経営人材へのキャリアップに強い!/

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング
サービス名:
運営会社:アクシスコンサルティング株式会社
サービスの特徴
  • 大手ファームの4人に1人が登録する国内最大級コンサル採用・転職支援サービスのアクシスコンサルティングでは「ポストコンサル転職」の支援実績も豊富
  • 大手事業会社や優良スタートアップのCxOと定期的な面談を設定し、新組織立ち上げ等の情報交換を行なっているため、他にはない非公開求人も多数
  • 平均サポート期間は3年となっており、現役コンサルタントの中長期でのキャリアを相談できる”生涯のキャリアパートナー”を見つけやすい

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\コンサル業界への深い理解に基づくポストコンサル転職支援!/

MyVision

MyVision
サービス名:
運営会社:株式会社MyVision
サービスの特徴
  • アクセンチュアやBIG4等の大手コンサルティングファームや国内の人気ブティックファームへの転職支援に強い”コンサル業界特化”の転職エージェント
  • クライアントポートフォリオが豊富であり、一般公開されていないポジションを数多く用意
  • 1Day選考会等の特別イベントも積極的に開催しており、PJで忙しいコンサルタントでも他コンサルファームへの転職にチャレンジしやすい

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\ファームtoファーム転職に強い!/

JAC Recruitment

JACリクルートメント
サービス名:
運営会社:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
サービスの特徴
  • 東証プライム市場上場の大手ハイクラス転職エージェント
  • 1988年から採用コンサルティングを通じて、主要企業の採用責任者と信頼関係を築いており、ネットワークを活かして約45,000件もの求人案件を紹介可能
  • 管理職クラス、外資系企業などハイクラスの転職支援に強み年収800万円~1500万円の案件が中心

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

上場企業運営・年収800万円~1500万円約45,000件の求人!/

コトラ

コトラ
サービス名:
運営会社:株式会社コトラ
サービスの特徴
  • 20代~50代の方、金融、コンサル、IT、製造業界のハイクラス求職者の支援に強い
  • 取り扱い求人数が20,000件を超えており、年収2,000万円以上を目指せる求人オファーも豊富
  • コンサルtoコンサルに加えて、金融や事業会社、IT業界などの他業界転職にも強い

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\豊富なハイクラス求人の中から、最適なポストコンサル転職先が見つかる!/

シンシアード

シンシアード
サービス名:
運営会社:sincereed株式会社
サービスの特徴
  • 大手人気企業のハイクラスポジションに特化した転職エージェント
  • 独自コネクションからの情報提供、充実した面接対策等、転職実現に向けてコンサルタントが伴走
  • シンシアードだけが取り扱う大手人気企業の非公開ポジションの紹介が可能

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\大手事業会社への転職に強い!/

ビジョン・キャリア

ビジョンキャリア
サービス名:
運営会社:株式会社ビジョン・キャリア
サービスの特徴
  • 大手ITコンサルグループが提供する“IT領域特化型”転職エージェントサービス
  • コンサルティンググループならではの、独自のネットワークにより、 他社では取り扱いのない非公開求人や、役員候補などのハイクラス求人が豊富(※IT領域の求人のみで常時3000〜4000件)
  • 大手コンサル、IT上場企業PM、事業会社SE出身者など、候補者様のキャリアを深く理解したキャリアアドバイザーサポート

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\ITコンサルのポストコンサルに強い!/

エンワールド

エンワールド
サービス名:
運営会社:エンワールド・ジャパン株式会社
サービスの特徴
  • 外資系・日系グローバル企業への英語力を活かしたハイクラス転職をサポートする転職エージェント
  • 日本国内にある約9割以上の外資系企業との取引実績があり、 世界的・業界的な知名度を誇るグローバル企業から前途有望なスタートアップ企業まで豊富な求人を紹介
  • リモートワーク可や年収1,000万円以上のハイクラス求人を含む公開求人だけではなく、非公開求人も数多く取り扱い

まずは登録して求人を確認!

外資系・日系グローバル企業への転職に強み!/

エージェント一覧表に戻る>

ハイパフォキャリア

ハイパフォキャリア
サービス名:
運営会社:INTLOOP株式会社
サービスの特徴
  • 上場コンサルティングファームが運営するコンサル特化型転職エージェント
  • コンサル業界・コンサルタントへの深い理解にもとづく「ポストコンサル転職」支援
  • ファーム to ファーム転職大手事業会社・ベンチャー企業からの求人が豊富

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

\コンサルタントへの深い理解にもとづくポストコンサル転職支援!/

エージェント一覧表に戻る>

ユナイテッドワールド

ユナイテッドワールド
サービス名:
運営会社:ユナイテッドワールド株式会社
サービスの特徴
  • グローバル人材に特化したエージェント
  • 外資系やグローバル企業の転職に専門性のあるコンサルタントが求人紹介から面談・転職後まで支援
  • スタートアップや大手事業会社のグローバルポジション外資系企業の求人を紹介

まずは登録して、担当者や求人との相性を確認!

外資系・グローバル企業に特化!!/

目次