20代でフリーコンサルとして独立できる?最低限満たすべき条件やおすすめの案件仲介サービス

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。

コンサルティングファームに勤務する20代の若手コンサルタントの皆さんの中には、「フリーランスコンサルタント」という新しいキャリアパスに興味を持ちながらも、独立後に案件獲得できるかどうか疑問や不安を感じている方が少なからずいるのではないでしょうか。

20代の場合、ファーム内でさらなる経験を積む方がよいケースもあるため、フリーランスコンサルタントとしての独立については慎重に検討する必要があります。

本記事では、20代でフリーランスコンサルタントとして独立するために必要な条件や注意点について詳しく解説いたします。また、20代の方におすすめの案件仲介・マッチングサービスについても紹介しますので、独立を考えている方は是非参考にしてください。

目次

フリーランスコンサルタントとは

フリーランスコンサルタントとは、コンサルティングファームに所属せず、独立した個人としてコンサルティングサービスを提供するプロフェッショナルな人材のことを指します。

近年、国内のコンサルティング業界は、DX支援を中心としたコンサルティングニーズの高まりや事業会社における人材不足を背景に、急速な拡大を遂げています。コンサルティングサービスの活用が広がる中、事業会社側からは「コストを抑えるためにコンサルタントを1名だけアサインしてほしい」「短期間のスポット支援を希望する」といった要望が増えてきました。

このようなニーズの高まりを受け、フリーランスのコンサルタントとコンサルティング案件をマッチングする案件仲介サービスが登場し、普及したことで、フリーランスコンサルタントという働き方が急激に浸透してきています。

20代でフリーランスコンサルタントとして独立できるか?

ファーム内で少なくとも1度は昇進し、3年以上の経験を積むことを推奨

コンサルティングファームで働く20代のコンサルタントには、新卒または中途で入社したばかりの方から、新卒入社から数年が経ちマネージャーに昇進された方まで、様々な方がいらっしゃいます。

その中で、20代がフリーランスコンサルタントとして独立する際の目安としては、「ファーム内で少なくとも1度は昇進し、3年以上コンサルタントとしての経験を積んでいること」が挙げられます。その理由は、フリーランスコンサルタント向けの案件の多くが、必須要件としてコンサルティングファームでの2〜3年以上の経験を求めているためです

フリーランスコンサルタントは組織に属していないため、クライアントや案件仲介エージェントからすると、実際のスキルセットや経験、人間性などを把握しづらいです。そのような状況で、大手コンサルティングファーム等で3年以上勤務し、昇進経験もあることは、一定の信頼性を担保することにつながります。フリーランスコンサルタントの場合、常に品質管理をしてくれる上位者がいないため、理想的にはシニアコンサルタントとしてデリバリーをリードした経験があることが望ましいでしょう。

ただし、近年はブティック系のコンサルティングファームがフリーランスコンサルタント向けに案件紹介を行い、ブティックファームの社員をマネージャーとしてチーム体制を組んでデリバリーするようなケースも見られます。そのため、コンサルタントとして3年以上の経験があれば、参画可能な案件は一定数存在すると言えます。

20代が独立する際に気をつけるべき点

ファームを離れることのデメリットをよく理解する

コンサルティングファームに勤務している場合、人材育成の一環として、現役マネージャーのサポートの下、シニアコンサルタントがマネージャーロールに挑戦する機会が与えられます。仮に失敗したとしても、組織としてカバーすることが可能なため、自分の現状のスキルや経験を超えたチャレンジができ、キャリアアップしていくことが可能です。

一方、ファームを離れてフリーランスコンサルタントになると、基本的には自身が持つ経験・スキルで対応できる案件にしか参画できません。例えば、フリーコンサル向けの案件には、プロジェクトにおけるマネージャーロールを依頼する月額200万円近い案件などもありますが、必須要件としてコンサルティングファームでのマネージャー経験が明記されていることが一般的です。

もしまだジュニアなランクの方の場合、フリーコンサルとして独立すると、ファーム時代のランク以上の仕事に挑戦することは基本的に難しいということを理解しておくことが重要です。

転職という選択肢についても考える

人材不足に悩む多くの企業にとって、コンサルティングファームで経験を積んだ優秀な20代の方は、魅力的な人材です。フリーコンサルとして独立する目的や理由が明確でない場合は、転職についても検討すべきでしょう。

コンサルティングの仕事を続けたい場合、領域を変えること(総合ファーム⇒戦略ファーム)やファームの規模を変えること(大手ファーム⇒ブティックファーム)も選択肢の一つです。事業会社への挑戦を考えている場合は、大手企業やスタートアップ、外資系企業など、多くの選択肢があるでしょう。

自身のキャリアの方向性をよく考え、フリーコンサルとして独立すべきか、他ファームや事業会社に転職し、新たな経験やスキルを身につけるべきかを判断することをおすすめします。

フリーコンサルとしてアピールできる専門性やスキルを棚卸する

ファームの看板がなくなると、個人としての専門性やスキルがより重視されます。

フリーコンサルとして案件に参画する際、コンサルティングファーム時代に提案書に差し込んでいたBioよりも詳細な経歴書を作成することになります。その際、経歴書でしっかりとアピールできる専門性やスキルが自分にあるかどうか、一度棚卸しをしてみましょう。実際に案件に入った後も、個人としてプロジェクトで価値を発揮していく必要があるため、自信を持ってアピールできる専門性やスキルを持っていることは非常に重要です。

起業の資金を得るためにフリーコンサルに挑戦するのはおすすめ

近年、20代~30代のコンサルティングファーム出身者の中で、フリーコンサルとしてキャッシュを稼ぎながら、その資金を起業や自社事業に充てる人が増加しています。

フリーコンサルとしては、ファーム時代の経験やスキルを超えた案件に挑戦しづらいため、20代で独立し、長期的に活躍し続けることは容易ではありません。しかし、高額な報酬を得やすいフリーコンサルとして数か月から1~2年ほど資金を稼ぎ、その後別の事業に挑戦するというやり方は、多くの実例があり再現性も高いため、おすすめの選択肢と言えるでしょう。

案件仲介・マッチングサービスの利用をおすすめ

20代でフリーコンサルとして独立する場合、独立後すぐにクライアントから直接案件の引き合いをもらえるような関係性を築けていることは稀です。

そのため、フリーランスコンサルタントを求めている案件情報を得るために、フリーコンサル向けの案件仲介・マッチングサービスを利用することをおすすめします。これらのサービスは、コンサルタントを必要とする事業会社やコンサルティングファームなどから案件情報を預かり、フリーのコンサルタントに紹介してくれます。一定の仲介マージン(一般的に10~20%)を支払う必要がありますが、それでもコンサルタントに対する報酬は通常月額100万円以上であるため、是非活用することをおすすめします。

20代におすすめ】フリーコンサル向け案件仲介・マッチングサービス

見出し画像

20代のフリーランスコンサルタントが案件仲介・マッチングサービスを選ぶ際に重視すべきポイントは以下の2点です。

  • 20代の登録者が多いサービスを選ぶこと
  • 運営元がコンサルティングファームで、ファームが直接受注した案件も紹介可能なこと

20代の登録者が多いサービスを選ぶことで、20代のフリーコンサルが応募しやすい案件が多く紹介される可能性が高まります。

また、運営元がコンサルティングファームで、運営元のファームがエンドクライアントから直接受注した案件も紹介してもらえる場合、自身の経験やスキルと比較して多少チャレンジングな案件であっても参画できる可能性があります。特に、複数回案件に参画し、案件仲介サービスの運営元から一定の信頼を得ている場合や、運営元のコンサルタントをマネージャーとしたチームで案件に取り組む場合は、案件に参画できる可能性がより高くなるでしょう。さらに、運営元の案件の場合、コンサルタントの心理的負担も幾分か下がります。

【戦略・業務領域に強い】
フリーコンサル向け案件仲介・マッチングサービス

Strategy Consultant Bank

Strategy Consultant Bank

サービス名:Strategy Consultant Bank
運営会社:株式会社Groovement

サービスの特徴
  • 20代の割合が1割以下のサービスも多い中で、20代の登録者割合が20%と高め。
  • 独自ルートで仕入れた上流案件が豊富であり、戦略ファーム出身者や総合コンサルファームで
    ビジネスサイドの案件に従事していたコンサルタントに適した案件が多数揃う。
  • 大手コンサルティングファーム出身者が仲介エージェントとして案件を紹介・サポートするため、
    コンサルタントの得意領域を的確に理解し、紹介案件とのマッチング精度が高い。

特に大手ファーム出身の20代の方は、自身と似たバックグラウンドの現役コンサルタントがエージェントとして、あなたのスキルや経験を理解し、適切な案件を紹介してくれるため、オススメです。

プロフェッショナルハブ

プロフェッショナルハブのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:株式会社エル・ティー・エス リンク
サービスの特徴
  • 東証プライム上場のコンサルティング会社である親会社」が持つネットワークを用いて、
    様々なテーマの独自案件を多数保有。
  • 大手事業会社やコンサルティングファーム、SIerからプライム案件を仕入れており、
    高単価の案件をとりそろえている。
  • 勉強会や研修を通してスキルや知見の幅を拡げる機会も提供。

\プライム上場グループ運営で案件の量・質に強い!/

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jpのサービス画像

サービス名:フリーコンサルタント.jp
運営会社:株式会社みらいワークス

サービスの特徴
  • 上場企業であるみらいワークスが運営するフリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 880社以上との取引実績があり、約2万名近いプロ人材が登録している業界最大手
  • 業界最大手のため、取り扱い案件数が多く、20代の方でも経験やスキルにあった案件を見つけやすい

業界最大手であり、多様なテーマ・条件の案件を取り揃えているので、20代の方もとりあえず登録してみることをおすすめします。

【IT・DX領域に強い】
フリーコンサル向け案件仲介・マッチングサービス

High Performer Consultant

High Performer Consultant

サービス名:High Performer Consultant
運営会社:INTLOOP株式会社

サービスの特徴
  • フリーランスコンサルタント向けの案件紹介を20年行なっているINTLOOP社(グロース市場上場企業)が提供する案件仲介サービス。
  • 様々なテーマ・課題の案件を豊富に取り揃えているが、特にIT・PMO領域に強い。
  • 業界最速水準の月末締翌月15日払いの支払いサイト

特にIT・PMO領域に強く、案件の多さはトップクラスのため、20代のIT領域でスキル・経験を持つコンサルタントにおすすめです。

BTCエージェント for コンサルタント

BTCエージェントのサービス画像

サービス名:BTCエージェントforコンサルタント
運営会社:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

サービスの特徴
  • 世界50か国以上で事業を展開する欧州最大のコンサルティングファーム「Capgemini」の子会社が運営するフリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 運営元のBTCは数多くの大手クライアントやメガベンチャーとの付き合いがあり、
    非公開の独自案件を多数保有
  • 定期的なフォローやクライアントからの評価フィードバックを実施し、
    クライアントと直接相談しづらい問題や金額交渉等も仲介して解決してくれる。

フォローアップ体制がしっかりとしているため、20代のIT・DX領域に強みを持つフリーコンサルにおすすめです。

デジタル人材バンク

デジタル人材バンクのサービス画像

サービス名:デジタル人材バンク
運営会社:株式会社クラウド人材バンク

サービスの特徴
  • DXやデジタル化案件に特化して案件を集めており、「一部上場企業」から「億単位の調達を実施したスタートアップ」まで様々な規模の企業の案件が揃う。
  • 経営コンサルタントとしての経験豊富なエージェントが、クライアントから直接取ってきた高単価な案件が多く、平均人月単価は193万円

プライム案件が多く、平均単価が193万円と高単価の案件が多い点が魅力です。20代後半である程度のコンサルティング経験を積んでいる方におすすめです。

まとめ

これまで、20代でフリーランスコンサルタントとして独立するために必要な条件や注意点、そして20代におすすめの案件仲介・マッチングサービスについて解説してきました。

まずは、案件仲介・マッチングサービスに登録し、実際の案件情報を確認しながら、自分が持つスキルや経験でフリーコンサルとして案件を獲得できそうかを見極めることから始めてみましょう。

フリーランスコンサルタントとしての独立は、20代の方にとって大きなチャレンジではありますが、適切な準備と心構えを持って臨むことで、新たなキャリアパスを切り拓くことができるでしょう。自身のキャリアビジョンと照らし合わせながら、慎重に検討していくことをおすすめします。

目次