30代フリーコンサルの実情は?注意すべき点やおすすめの案件仲介サービス

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。

コンサルティングファームに勤務する30代の中堅コンサルタントの皆さんの中には、「フリーランスコンサルタント」という新しいキャリアパスに興味を持ちながらも、独立後に案件獲得できるかどうかなど疑問や不安を感じている方が少なからずいるのではないでしょうか。

本記事では、30代でフリーランスコンサルタントとして独立するために必要な条件や注意点について詳しく解説いたします。また、30代の方におすすめのフリーコンサル案件仲介・マッチングサービスについても紹介しますので、独立を考えている方は是非参考にしてください。

目次

フリーランスコンサルタントとは

フリーランスコンサルタントとは、コンサルティングファームに所属せず、独立した個人としてコンサルティングサービスを提供するプロフェッショナルな人材のことを指します。

近年、国内のコンサルティング業界は、DX支援を中心としたコンサルティングニーズの高まりや事業会社における人材不足を背景に、急速な拡大を遂げています。コンサルティングサービスの活用が広がる中、事業会社側からは「コストを抑えるためにコンサルタントを1名だけアサインしてほしい」「短期間のスポット支援を希望する」といった要望が増えてきました。

このようなニーズの高まりを受け、フリーランスのコンサルタントとコンサルティング案件をマッチングする案件仲介サービスが登場し、普及したことで、フリーランスコンサルタントという働き方が急激に浸透してきています。

30代でフリーランスコンサルタントとして独立できるか?

シニアコンサルタント以上のランクで活躍する30代は
フリーコンサルとして独立しやすい

コンサルティングファームで働く30代のコンサルタントは、多くの場合、シニアコンサルタントとして現場の業務をリードする立場や、マネージャー・シニアマネージャーとしてプロジェクト全体を管理する役割を担っており、場合によってはMD(マネージング・ダイレクター)やパートナーの方もいらっしゃいます。

フリーコンサルタント向けの案件では、自律的に業務を遂行できるコンサルタントが求められており、基本的な人材要件として、コンサルティングファームでの2〜3年以上、場合によっては5年以上の経験が求められます。そのため、新卒からコンサルティングファームに入社しマネージャーまで昇格した30代前半の方や、中途でシニアコンサルタントとして入社し3年以上の経験を積んだ30代半ばの方など、30代のコンサルタントは多くの案件から引き合いを受けられる可能性が高いと言えるでしょう。実際、フリーコンサル向けの案件仲介サービスにおける登録者の年齢割合をみても、30代がボリュームゾーンとなっていることが多いです。

特にマネージャー以上の場合は高年収が狙える

特にマネージャー以上の経験を持つ場合、月額報酬が200万円を超えるような案件も存在し、ファーム時代以上の年収を得られるケースもあります。ファームに所属するマネージャーは、様々な社内業務や組織活動に時間を割かれがちですが、フリーコンサルとして活動する場合はデリバリーに集中でき、ワークライフバランスを調整しやすい点も大きなメリットの1つと言えるでしょう。

MDやパートナークラスの場合は顧問契約の方が合理的

一方で、30代でMD(マネージング・ダイレクター)やパートナーとして活躍されている方が、フリーランスコンサルタントとして独立する場合、通常のフリーコンサル案件で多く見られる稼働時間制の案件では、収入面でのメリットはあまり期待できません。稼働時間制の場合、非常に高い案件であっても100%稼働で月額300万円程度の報酬となり、そもそも案件数自体も豊富ではないため、MD(マネージング・ダイレクター)やパートナーの方がファーム時代の報酬以上を得ることは難しいケースが多いのです。MD(マネージング・ダイレクター)やパートナーの方が独立し個人として働く際は、顧問やアドバイザーとして複数の企業と定額契約を結ぶことを検討すべきでしょう。

30代が独立する際に気をつけるべき点

中途の方は、3年以上はファームに勤務することを推奨

事業会社での経験を積んだ30代の方が、中途でコンサルティングファームにシニアコンサルタントやマネージャーとして入社するケースもあります。その場合は、ファームで3年以上の経験を積んでから、フリーコンサルとしての独立を検討することを推奨します。その理由は、フリーランスコンサルタント向けの案件の多くが、必須要件としてコンサルティングファームでの2〜3年以上の経験を求めているためです。フリーランスコンサルタントは組織に属していないため、クライアントや案件仲介エージェントからすると、実際のスキルセットや経験を把握しづらいです。

そのため、少なくとも3年以上はファームで経験を積み、理想的には1ランク以上昇進しておくことが重要です。これにより、フリーランスとして独立した際に、案件獲得やクライアントからの信頼を得やすくなります。

個人として高い価値を提供できる専門性やスキルを身につけておく

フリーコンサルの案件参画には以下の2種類があります。

  • 事業会社などのエンドクライアントのプロジェクトに、フリーコンサルが直接参画
  • コンサルティングファームのプロジェクトに、プロジェクトメンバーとしてフリーコンサルが参画

エンドクライアントにとっては、プロジェクトの品質管理をしてくれる会社がある方が安心できるため、後者のパターンの案件も多くなっています。また、フリーコンサル向けの案件仲介・マッチングサービスをブティック系のコンサルティングファームが運営していることも多いため、その場合は運営元のコンサルティングファームが獲得した案件にメンバーとして参画することになります。

このようにコンサルティングファームのメンバーとして案件に参画する場合、プロジェクトメンバーとの年齢や経験のバランスを考慮する必要があります。20代の若手であればメンバーポジションでの参画も考えられますが、30代の場合は現場リーダーやマネージャーロールでの参画が求められることが多いでしょう。

そのような状況において、現場リーダーやマネージャーロールで参画し、高い価値を発揮できるだけの専門性やコンサルティングスキルを身につけていなければ、案件に参画することが難しくなる可能性があります。したがって、フリーコンサルとして独立する前に、自身の専門分野やスキルを磨き、個人としても高い価値を提供できるようにしておくことが重要です。

すぐに案件に参画できないケースも想定した準備を

30代の経験豊富なフリーランスコンサルタントは、基本的にはすぐに案件に参画できる可能性が高いと言えます。しかし、万が一自分に合った案件がすぐに見つからず、しばらくの間案件が獲得できずに無収入の状態が続いたとしても問題ないように、生活資金などは十分に備えておくことが賢明です。

特に30代になると、家庭を持っている方も多くなってくるため、独立する際は資金面でのシミュレーションを入念に行っておくことが非常に重要になります。フリーランスとして活動する以上、収入の変動は避けられないため、余裕を持った資金計画を立てておきましょう。

案件仲介・マッチングサービスの利用をおすすめ

30代でフリーコンサルとして独立する場合、マネージャーやシニアマネージャーとして活躍していた方は、独立後にクライアントから直接案件の引き合いをもらえることもあるでしょう。最近では、独立後もファーム時代にプロジェクトマネージャーを務めていた案件に、部分的に関与し続けることを許可するファームも存在します。

しかし、社会経済情勢やクライアント側のやむを得ない事情により、突然契約が終了してしまうリスクも考えられます。フリーコンサルとして独立している場合、案件に参画していない期間は無収入となってしまうため、安定的な案件獲得が重要になります。

そこで、フリーランスコンサルタントを求めている案件情報を常に入手するために、フリーコンサル向けの案件仲介・マッチングサービスを利用することをおすすめします。

これらのサービスは、コンサルタントを必要とする事業会社やコンサルティングファームなどから案件情報を預かり、フリーのコンサルタントに紹介してくれます。30代のフリーコンサルの方が案件仲介・マッチングサービスを選ぶ際は、自身が得意とする領域・テーマの高単価案件が豊富に揃っているサービスを見つけることがポイントです。複数のサービスに登録し、実際に紹介される案件の情報を比較しながら、自分に最適なサービスを探しましょう。

30代におすすめの案件仲介・マッチングサービス

見出し画像

【戦略・業務領域に強い】
フリーコンサル向け案件仲介・マッチングサービス

Pro Connect

Proconnectのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:株式会社WorkX
サービスの特徴
  • 平均単価は150万円/人月の高単価&ハイクラスな案件が中心
  • 毎月300件以上の新規案件を取り扱いだから、自分に合った案件が見つかる
  • 新規事業開発、戦略策定、業務改善、システム導入/構築、デジタルマーケティング、人事、データ分析と非常に幅広い案件を紹介
  • マイページから案件を探したり、企業からのスカウトを受け取ったりすることも可能。

毎月300件以上の新規案件・平均単価150万円!/

POD(Professional On Demand)

PODのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:ランサーズ株式会社
サービスの特徴
  • 日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズが提供する
    フリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 非公開案件が全体の85%を占めており、独自ルートで開拓した高単価案件が多数。
  • 10年以上のサービス運営で培った豊富なノウハウ、稼働後の手厚いサポート

利用者コメント

  • ヒアリングがとても丁寧で、業務内容や場所、報酬が私の希望にマッチする案件を早々に紹介してもらえました。また、クライアントとの面談に向け、案件の詳細に加え、面談相手がどんな方か、役職だけでなく人間性に関する情報も提供してくれるなど、手厚いフォローが受けられ、とても助かりました。(コンサルタントAさん)
  • POD以外にも2社のサービスに登録しましたが、PODが一番丁寧に対応してくれたため、現在に至るまで長く利用しています。(コンサルタントBさん)

上場企業運営・10年以上の運営実績!/

Strategy Consultant Bank

Strategy Consultant Bank

サービス名:Strategy Consultant Bank
運営会社:株式会社Groovement

サービスの特徴
  • 30代の登録者割合が50%とボリュームゾーンとなっており、経験豊富なコンサルタント向けの高単価な案件を紹介してくれる
  • 独自ルートで仕入れた上流案件が豊富であり、戦略ファーム出身者や総合コンサルファームで
    ビジネスサイドの案件に従事していたコンサルタントに適した案件が多数揃う。
  • 大手コンサルティングファーム出身者が仲介エージェントとして案件を紹介・サポートするため、
    コンサルタントの得意領域を的確に理解し、紹介案件とのマッチング精度が高い。

特に大手ファーム出身の30代の方は、自分に合った高単価案件を見つけやすいでしょう。

アビリティクラウド

アビリティクラウド

サービス名:アビリティクラウド
運営会社:イグニション・ポイント フォース株式会社

サービスの特徴
  • 2014年創業のコンサルティングおよびスタートアップ投資事業を行うイグニション・ポイント(2022年に電通グループに参画)の子会社が運営するフリーランスコンサルタント向けの
    案件仲介サービス。
  • イグニション・ポイントの顧客ネットワークを活用し、150~200万円前後の高単価な
    プライム案件を多数保有

親会社のイグニションポイントが大手企業などから直請けした
プライム案件に参画できる可能性がある点が魅力です。

フリーコンサルBiz

フリーコンサルBizのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:アクシスコンサルティング株式会社
サービスの特徴
  • コンサル業界の転職に強いことで知られる「アクシスコンサルティング」が運営する
    フリーランスコンサルタント向けの案件仲介サービス。
  • 正社員紹介業を通じて構築した幅広い企業ネットワークから、
    他社エージェントにはない高単価や最先端の案件を紹介。
  • コンサルティング会社やPE(プライベート・エクイティ)などから受注する
    独占プライム案件の量と質に強み

独自ルートによるプライム(直請け)案件が豊富!/

【IT・DX領域に強い】
フリーコンサル向け案件仲介・マッチングサービス

High Performer Consultant

High Performer Consultant

サービス名:High Performer Consultant
運営会社:INTLOOP株式会社

サービスの特徴
  • フリーランスコンサルタント向けの案件紹介を20年行なっているINTLOOP社(グロース市場上場企業)が提供する案件仲介サービス。
  • 様々なテーマ・課題の案件を豊富に取り揃えているが、特にIT・PMO領域に強い。
  • 業界最速水準の月末締翌月15日払いの支払いサイト

特にIT・PMO領域に強く、案件の多さはトップクラスのため、30代でIT・PMO案件でマネージャーやチームリーダーを務めていた方にはおすすめです。

BTCエージェント for コンサルタント

BTCエージェントのサービス画像

サービス名:BTCエージェントforコンサルタント
運営会社:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

サービスの特徴
  • 世界50か国以上で事業を展開する欧州最大のコンサルティングファーム「Capgemini」の子会社が運営するフリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 運営元のBTCは数多くの大手クライアントやメガベンチャーとの付き合いがあり、
    非公開の独自案件を多数保有
  • 定期的なフォローやクライアントからの評価フィードバックを実施し、
    クライアントと直接相談しづらい問題や金額交渉等も仲介して解決してくれる。

非公開の高単価案件が豊富なため、30代のフリーコンサルの方におすすめです。

デジタル人材バンク

デジタル人材バンクのサービス画像

サービス名:デジタル人材バンク
運営会社:株式会社クラウド人材バンク

サービスの特徴
  • DXやデジタル化案件に特化して案件を集めており、「一部上場企業」から「億単位の調達を実施したスタートアップ」まで様々な規模の企業の案件が揃う。
  • 経営コンサルタントとしての経験豊富なエージェントが、クライアントから直接取ってきた高単価な案件が多く、平均人月単価は193万円

プライム案件が多く、平均単価が193万円と高単価の案件が多い点が魅力です。そのため、30代の経験豊富なシニアコンサルタントやマネージャー以上の方におすすめです。

プロフェッショナルハブ

プロフェッショナルハブのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:株式会社エル・ティー・エス リンク
サービスの特徴
  • 東証プライム上場のコンサルティング会社である親会社」が持つネットワークを用いて、
    様々なテーマの独自案件を多数保有。
  • 大手事業会社やコンサルティングファーム、SIerからプライム案件を仕入れており、
    高単価の案件をとりそろえている。
  • 勉強会や研修を通してスキルや知見の幅を拡げる機会も提供。

\プライム上場グループ運営で案件の量・質に強い!/

まとめ

これまで、30代でフリーランスコンサルタントとして独立するために必要な条件や注意点、そして30代におすすめの案件仲介・マッチングサービスについて解説してきました。

まずは、案件仲介・マッチングサービスに登録し、実際の案件情報を確認しながら、自分が持つスキルや経験でフリーコンサルとして案件を獲得できそうかを見極めることから始めてみましょう。

目次