【コンサルタント必見】独立の理想と現実 – 成功のカギは準備と覚悟

本サイトのコンテンツにはPRが含まれている場合があります。

コンサルティングファームで働くコンサルタントの中には、独立を検討したことがある方も多いのではないでしょうか。

  • 「クライアントへのチャージフィーと比べて自分の給与が低すぎる。独立すれば個人の所得アップにつながるのでは?」
  • 「ファームよりも低いフィーで案件を受注できれば、クライアントのコスト削減にもなり、自分の収入も増える可能性がある」
  • 「若手育成よりもデリバリーに注力することで、ワークライフバランスを向上させたい」

など、様々な理由から独立を考えるコンサルタントは少なくありません。

本記事では、コンサルタントが独立する際のメリットとデメリット、よくある失敗パターンや成功のポイントについて詳しく解説していきます。

目次

コンサルタントの独立とは

コンサルタントの独立とは、コンサルティングファームで経験を積んだコンサルタントが、個人事業主や小規模なブティックファームとして独立し、コンサルティングサービスを提供することを指します。

従来は、シニアで経験豊富なコンサルタントが独立するケースが大半でしたが、近年では若手コンサルタントの独立も増加傾向にあります。この背景には、フリーランスのコンサルタント向けの案件紹介サービスが普及し、若手コンサルタントでも独立後に案件獲得がしやすい環境が整ってきたことが挙げられます。

コンサルタントが独立するメリット

1. 年収が上がる可能性がある

独立したコンサルタントが案件を受注する際、案件の報酬が直接自分の収入となります。一般的にファーム時代よりも単価は下がりますが、コンサルティング案件の単価は100万円~250万円程度のケースが多いです。そのため、高単価な案件を継続的に獲得できれば、ファーム時代と比べて年収アップが見込めるでしょう。

2. プライベートと両立しやすい

コンサルタントとして独立すると、会社や組織に縛られずに自分で稼働スケジュールを管理できるようになります。これにより、子育てや趣味などのプライベートとの両立がしやすくなります。ワークライフバランスを重視する方にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

3. 自らキャリアを築いていける

コンサルティングファームは、組織全体の稼働率を高く維持し、利益を上げる必要があります。そのため、特にスタッフ層のコンサルタントは、必ずしも個人の希望通りにプロジェクトにアサインされるとは限りません。

一方、独立したコンサルタントは、自分で参画する案件を選択できます。特定の領域やテーマで専門性を深めたい方にとって、自らの意思でキャリアを築いていくことができるのは大きな魅力と言えるでしょう。

コンサルタントが独立するデメリット

1. 収入が安定しづらい

コンサルタントとして独立すると、コンサルティングファームに所属していた時のように、稼働状況に関わらず毎月一定の給与を得ることはできません。案件獲得ができなければ、収入はゼロになってしまうリスクがあります。

2. 個人の能力の範囲で出来るプロジェクトしかできない

独立したコンサルタントが個人で営業し、案件の引き合いを得たとしても、提案内容は個人の能力の範囲内に限定されてしまいます。そのため、コンサルティングファーム時代のような大規模で影響力のあるプロジェクトの提案は難しくなる可能性が高いです。コンサルティング提案の幅を広げたい場合は、法人化し、人材を採用して、本格的なコンサルティングファームとして運営していくことが必要となります。

3. 重要なプロジェクトは任せてもらいづらい

コンサルティングファーム時代に、クライアントと強固な関係を築き、バイネームで案件を受注できる状況にあったとしても、独立後に同様にプロジェクトを発注してもらえるとは限りません。

事業会社の中には、個人事業主への業務委託を認めない方針を取っているところもあります。また、たとえ案件を発注してもらえたとしても、会社にとって重要度の高いテーマほど、個人のコンサルタントには依頼しにくいものです。

大手コンサルティングファームであれば、仮にプロジェクトが失敗しても一定の説明責任(あのファームに頼んで失敗したのであればしょうがない等)を果たせますが、独立コンサルタントの場合、そもそもなぜその個人に発注したのかが問題視される恐れがあります。そのため、クライアント側としても、重要なプロジェクトを独立コンサルタントに委ねることには躊躇しがちです。

コンサルタントが独立で失敗する原因

経験やスキルが不足している

独立したコンサルタントは、個人の経験やスキルがより重要視されます。コンサルティングファームに所属していた時のように、困った時にサポートしてくれる上司や同僚、部下がいなくなるため、自分自身でプロジェクトを適切に設計し、経験とスキルを最大限に活かしてクライアントの期待を上回る価値を提供しなければなりません。

近年は、若手でもフリーランスコンサルタントとして独立しやすい環境になっているため、経験年数の浅いうちに独立する方も増えています。しかし、このようなケースでは、コアとなるコンサルティングスキルが十分に身についておらず、実際に案件に参画した際に十分な価値を提供できないことがあります。

独立を考える際は、客観的に自分自身を評価し、一人でプロジェクトを遂行できるだけの経験とスキルを身につけているかを慎重に判断することが重要です。

専門性がない

独立コンサルタントとして案件に参画する際、「あなたの強みは何か」を問われます。数多くのコンサルタントが存在する中で、なぜあなたにその案件を発注すべきなのかを明確に説明できる専門性が求められます。

コンサルティングファームで数年間の経験を積んでいても、幅広い案件に携わりすぎて専門性をアピールできないケースもあります。独立を考えている場合は、ファームに所属している間から専門性を意識し、その分野の案件にアサインされるよう働きかけることが賢明です。

営業力が不足している

コンサルティングファームに所属していた時は、マネージャーとして多くの提案を成功させ、自分には営業力があると自負していたとしても、独立後に個人としての営業力が足りないと気づくケースがあります。

ファームの看板がある場合と、独立コンサルタントとして営業する場合では、クライアントの反応が大きく異なります。独立後は、なぜファームではなく、あなた個人に仕事を依頼すべきなのかを明確に説明し、アピールできることが重要となります。

コンサルタントが独立で成功するためのポイント

独立の目的・目標を決める

独立する際は、目的と目標を明確に定めることが重要です。コンサルタントとして独立すると、働き方の自由度は高まり、案件獲得ができれば収入アップの可能性もあります。しかし、独立コンサルタントとして働くことは決して楽ではありません。リスクを取って独立する理由となる目的や、達成したい目標を明確にしておかないと、バーンアウトしてしまう恐れがあります。

例えば、近年若手がフリーランスコンサルタントとして独立する際、フリーコンサルとは別に自社事業の立ち上げを並行して行うケースが増えています。この場合、フリーコンサルは自社事業の資金を稼ぐ手段として位置づけられており、目標や目的が明確になっているため、独立後もモチベーションを高く保ち、活躍できる可能性が高いと言えます。

十分な事前準備をする

コンサルタントとして独立する際は、入念な準備が欠かせません。独立後すぐに事業を開始できるよう、働く環境を整え、営業資料やアプローチ先を整理しておくことで、スムーズにスタートを切ることができるでしょう。

特に家族がいる方などは、生活を守るための資金を事前に確保しておくことで、安心して事業に専念できます。独立前に、十分なシミュレーションを行い、キャッシュの蓄えを作っておくことを強くおすすめします。

自己投資を続ける

独立後、継続的に案件を獲得していくためには、常に市場の最新動向やテクノロジーにキャッチアップし続ける必要があります。市場のトレンドは急速に変化するため、自身の持つスキルや知見が陳腐化するリスクがあります。

常に自身のスキルや知見をアップデートする意識を持ち、スキルアップや人脈形成、情報収集のための自己投資を惜しまないことが重要です。

案件獲得のチャネルを広げる

独立後、最も重要なことは案件を継続的に獲得することです。そのために、案件獲得のチャネルを多様化し、複数の案件獲得手段を確保しておくことが重要です。

例えば、特定のクライアントから継続的に案件を受注できている状況であっても、新規クライアント開拓のために、フリーコンサル向けの案件紹介サービスにも登録しておくことをおすすめします。SNSなどを活用した案件獲得も有効ですが、時間がかかる施策です。まずは案件紹介サービスに複数登録し、継続的に案件情報を得られるチャネルを確保することから始めましょう。

コンサルタントとしての矜持を持つ

独立後、やっとの思いで案件を獲得し、関係性を構築したクライアントがいる場合、生活のことを考えると何としてでも継続案件を貰いたいと考えるでしょう。そのような状況下では、つい迎合的な態度を取ってしまうかもしれません。本来伝えるべき厳しい意見も言いづらくなったり、プロジェクトの継続性を優先して、本質的な課題提言を避けたりしてしまう恐れがあります。

しかし、そのような姿勢では、いずれクライアントは他のコンサルタントやコンサルティングファームに流れていってしまうでしょう。どんな状況下でも、コンサルタントとしての矜持を持ち、クライアントの真の利益を考えた提言を行うべきです。たとえ結果として継続案件が獲得できなくても、誠実な姿勢はクライアントからの信頼につながり、別の機会での引き合いにつながるはずです。

体調管理

コンサルタントにとって、心身の健康は何よりも大切な資本です。独立すると、病気で寝込んでしまった際に、代わりにプロジェクトを進めてくれる同僚や部下がいなくなります。

コンサルティングファーム時代よりも、さらに体調管理に注意を払い、常にベストコンディションで仕事に臨めるよう心がけましょう。適度な運動や休息、バランスの取れた食事など、自分なりのリズムを作ることが大切です。

おすすめの案件仲介エージェント

【全領域に強い大手】おすすめの案件仲介サービス

Pro Connect

Proconnectのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:株式会社WorkX
サービスの特徴
  • 平均単価は150万円/人月の高単価&ハイクラスな案件が中心
  • 毎月300件以上の新規案件を取り扱いだから、自分に合った案件が見つかる
  • 新規事業開発、戦略策定、業務改善、システム導入/構築、デジタルマーケティング、人事、データ分析と非常に幅広い案件を紹介
  • マイページから案件を探したり、企業からのスカウトを受け取ったりすることも可能。

毎月300件以上の新規案件・平均単価150万円!/

POD(Professional On Demand)

PODのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:ランサーズ株式会社
サービスの特徴
  • 日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズが提供する
    フリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 非公開案件が全体の85%を占めており、独自ルートで開拓した高単価案件が多数。
  • 10年以上のサービス運営で培った豊富なノウハウ、稼働後の手厚いサポート

利用者コメント

  • ヒアリングがとても丁寧で、業務内容や場所、報酬が私の希望にマッチする案件を早々に紹介してもらえました。また、クライアントとの面談に向け、案件の詳細に加え、面談相手がどんな方か、役職だけでなく人間性に関する情報も提供してくれるなど、手厚いフォローが受けられ、とても助かりました。(コンサルタントAさん)
  • POD以外にも2社のサービスに登録しましたが、PODが一番丁寧に対応してくれたため、現在に至るまで長く利用しています。(コンサルタントBさん)

上場企業運営・10年以上の運営実績!/

High Performer Consultant

High Performer Consultant
サービス名:
運営会社:INTLOOP株式会社
サービスの特徴
  • フリーランスコンサルタント向けの案件紹介を20年行なっているINTLOOP社が提供する案件仲介サービス
  • PMO案件が全体の60%を占めており、テクノロジー・システム領域のPM/PMO経験者に適した案件が多い
  • 業界最速水準の月末締翌月15日払いの支払いサイト

戦略・業務・ITすべての案件が豊富!/

プロフェッショナルハブ

プロフェッショナルハブのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:株式会社エル・ティー・エス リンク
サービスの特徴
  • 東証プライム上場のコンサルティング会社である親会社」が持つネットワークを用いて、
    様々なテーマの独自案件を多数保有。
  • 大手事業会社やコンサルティングファーム、SIerからプライム案件を仕入れており、
    高単価の案件をとりそろえている。
  • 勉強会や研修を通してスキルや知見の幅を拡げる機会も提供。

\プライム上場グループ運営で案件の量・質に強い!/

【戦略・業務領域】おすすめの案件仲介サービス

アビリティクラウド

アビリティクラウド
サービス名:
運営会社:イグニション・ポイント フォース株式会社
サービスの特徴
  • 2014年創業のコンサルティングおよびスタートアップ投資事業を行うイグニション・ポイント(2022年に電通グループに参画)の子会社が運営するフリーランスコンサルタント向けの
    案件仲介サービス。
  • イグニション・ポイントの顧客ネットワークを活用し、150~200万円前後の高単価な
    プライム案件を多数保有

\親会社が直請けしたプライム案件が豊富!/

foRPRO

foRPROのサービス画像
サービス名:
運営会社:株式会社Regrit Partners
サービスの特徴
  • 2017年創業で急成長中のコンサルティングファームRegrit Partnersが運営
  • DX関連プロジェクト特化型のフリーコンサル向け案件仲介サービスのため、
    DX構想策定からデジタルツール導入などのDX関連の案件を多数保有。
  • 非公開プライム案件を取り揃えており、高単価案件(案件平均単価150~200万円)が豊富。

\マッチングの高さや手厚いフォローアップが魅力!/

Strategy Consultant Bank

Strategy Consultant Bank
サービス名:
運営会社:株式会社Groovement
サービスの特徴
  • 独自ルートで仕入れた上流案件が豊富であり、戦略ファーム出身者や総合コンサルファームで
    ビジネスサイドの案件に従事していたコンサルタントに適した案件が多数揃う。
  • 大手コンサルティングファーム出身者が仲介エージェントとして案件を紹介・サポートするため、
    コンサルタントの得意領域を的確に理解し、紹介案件とのマッチング精度が高い。
  • 登録者への案件紹介は、メールなどによる一括配信ではなく、
    担当エージェントが個々のコンサルタントに合った案件を厳選して提供

\ 戦略・業務案件に強い!/

フリーコンサルBiz

フリーコンサルBizのウェブサイト画像
サービス名:
運営会社:アクシスコンサルティング株式会社
サービスの特徴
  • コンサル業界の転職に強いことで知られる「アクシスコンサルティング」が運営する
    フリーランスコンサルタント向けの案件仲介サービス。
  • 正社員紹介業を通じて構築した幅広い企業ネットワークから、
    他社エージェントにはない高単価や最先端の案件を紹介。
  • コンサルティング会社やPE(プライベート・エクイティ)などから受注する
    独占プライム案件の量と質に強み

独自ルートによるプライム(直請け)案件が豊富!/

【IT・システム領域】おすすめの案件仲介サービス

BTCエージェント for コンサルタント

BTCエージェントのサービス画像
サービス名:
運営会社:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
サービスの特徴
  • 世界50か国以上で事業を展開する欧州最大のコンサルティングファーム「Capgemini」の子会社が運営するフリーコンサル向けの案件仲介サービス。
  • 運営元のBTCは数多くの大手クライアントやメガベンチャーとの付き合いがあり、
    非公開の独自案件を多数保有
  • フリーランスPMO・ITコンサルタント専門のため、システムプロジェクトのPMO案件を希望するコンサルタントなどは自分に合った案件を見つけやすい。
  • 定期的なフォローやクライアントからの評価フィードバックを実施し、
    クライアントと直接相談しづらい問題や金額交渉等も仲介して解決してくれる。

システム領域に強い会社による運営だから安心!/

デジタル人材バンク

デジタル人材バンクのサービス画像
サービス名:
運営会社:株式会社クラウド人材バンク
サービスの特徴
  • DXやデジタル化案件に特化して案件を集めており、「一部上場企業」から「億単位の調達を実施したスタートアップ」まで様々な規模の企業の案件が揃う。
  • 経営コンサルタントとしての経験豊富なエージェントが、クライアントから直接取ってきた高単価な案件が多く、平均人月単価は193万円

\高単価なIT案件ならこちら!/

CONSULTANT DATA BANK

CONSULTANT DATA BANKのサービス画像
サービス名:
運営会社:KICK ZA ISSUE 株式会社
サービスの特徴
  • マッチングプラットフォーム型のサービスで、クライアントと直接契約が可能。
  • クライアント側が有料会員の場合は仲介手数料がかからず、完全無料で案件獲得可能
  • 1時間のスポット案件から長期間のプロジェクトまで、様々な案件が掲載。
  • コンサルタント同士のナレッジシェアや仕事の発注など、フリーコンサル同士が交流・協業できるSNS機能が利用可能。

\スポット案件や副業案件の豊富!/

エミリーコンサルタント

サービス名:
運営会社:株式会社ビスタクルーズ
サービスの特徴
  • 月額160~200万円の高額案件中心
  • 15年以上の信頼と実績があるので、独自案件を受注できる
  • 専属のキャリアアドバイザリーコンサルタント(CAC)がサポート

\月額160~200万円の高額案件中心!/

目次